動物からの被害

伸びた雑草

イタチ撃退の歴史や変遷について紹介します。 そもそもイタチは日本古来からいて、沖縄を除く全国にいます。 しかし、今では外来種のチョウセンイタチなどが主な被害を与えています。 イタチは野生動物で鳥獣保護法で無断で捕獲が出来ないのです。 なので、狩猟免許のある業者が撃退してきたのです。 イタチは農作物の被害の他に騒音や糞の臭いやダニやノミなどを被害を与えます。 古来より害獣として困らせてきたのです。 罠の設置や専門的知識などを得られるように狩猟免許者の育成を近年ではしています。 業者も狩猟免許がないと違法とみなされ撃退できないのです。 なので、今では専門の業者に退治を頼む人がほとんどです。 自分で撃退するのは危険なので、そのような傾向になっています。

これらの業者の今後の動向についての予測をします。 今はイタチは村や山奥の動物ではなく町の動物です。 人間の持っている食物を求めて山から町に下りてきているのです。 4月から6月にかけて出産のために家屋の屋根裏に巣を作る事が多いです。 近くにゴミ置き場の残飯を漁りやすい場所によってきます。 なので、業者もイタチの対策を練る傾向にあるのです。 死体回収や捕獲や被害状況の確認や侵入口を塞ぐなど徹底的に駆除します。 イタチ撃退の費用は業者の平均で3万円以上です。 イタチの巣の場所や被害の状況に応じて金額が上昇します。 見積もりをしっかりしている業者も多いので、そんな業者を探しましょう。 撃退の効果判定や消毒などアフターサービスも万全になるでしょう。